役立つエロ情報サイト アダルトゼミ

騎乗位の豊富なバリエーション

騎乗位をしている光景正常位や背後位と比べると騎乗位というのは
基本的には女性が体を動かす体位ですよね。
そんな騎乗位に苦手意識がある女性がかなり多く
彼から「騎乗位して」と言われると緊張してしまい
彼が本当に気持ち良くて感じているのか分からなくなる時がありますよね。
しかし今回説明する騎乗位をする事のメリットや
豊富なバリエーションを知る事で騎乗位が楽しくなり
彼を喜ばせる事も出来るかもしれませんので騎乗位についてしっかり学びましょう。


騎乗位の種類


【騎乗位のメリット】

騎乗位の最大のメリットは「女性が主導権を握る」という事です。セックスをする中で正常位。背後位など色々な体位を行いますが、どれも男性に主導権がありますよね。また性行為というのはどうしても女性が受け身になりがちですよね。そんな時に騎乗位で男性から主導権を握る事でマンネリ解消にもなりますし男性を満足させる事でより激しいセックスへと展開するかもしれません。


【種類1:時雨茶臼】

時雨茶臼(しぐれちゃうす)と読み、漢字を見ただけではどんな体位か分かりませんが、一番スタンダートな体位を意味しており「上下が逆さになった状態」という事を指しています。そんな時雨茶臼の特徴は寝転がった男性の上に女性が股がって挿入し男性の胸などに手をついて腰を振る体勢です。


【種類2:茶臼のばし】

時雨茶臼よりは少しだけ体位が変わり、女性が上半身を前に倒して男性に抱きつき、女性が足を伸ばして男性の足の間に入り込むようなイメージをしてピストンする動きです。この体位は密着しているだけあって締りが良く締め付け感を提供する事が可能になる体位です。


【種類2:月見茶臼】

この体位は属に言う「背面騎乗位」に属します。男性と女性が体を剥ける方向が一緒ですので「共にお月見ができる」という意味から名づけられています。しかし、これは騎乗位に慣れている女性ではないと難しい体位ですので、先ほど紹介した二つの体位を完璧に身に付けてから行いましょう。


【最後に】

以上説明した騎乗位をマスターする事でセックスの楽しさや快楽の感じ方が大きく変わってきます。なので騎乗位が苦手という女性はぜひ前向きにトライして騎乗位をマスターしましょう。